私おすすめのダイエット商品 こちら

怒ってばかりの母親に育てられた子どもは自己肯定感が低くなる

相談者

毎日子どもに怒ったり、叱ったりしてしまって「自己嫌悪」に陥ります。怒らない秘訣はありますか?

この悩みについて解決します。

私も3歳の息子を子育て中のためこの気持ちはすごくわかります。息子が生まれてそこまで悪いことをしていないのに、感情的になって怒ったりしてました。

でも1つの本に出会ったことでこの悩みが解消されました。


息子が生まれて育児本なんか購入したことはなくて、毎日怒っていて、自分に余裕がなくて息子には本当に悪いことをしたなと後悔してます。

ちょうどkindelUnlimitedの30日無料体験期間中だったということもあり、育児本を無料で何冊か読んでみようと思いました。

今回は、毎日怒っていた私が育児本に出会ったことで、息子に怒らなくなったことや怒りそうになった時の対処法についてお話します。

子どもは怒られてばかりだと自己肯定感の低い人間になり大人になったら精神的不安定になったり怒りやすくなります。

ゆずママ

旦那はめっちゃ怒りやすい人間です。やはり幼少期に怒られたり、厳しく育てられたみたいです。

この記事を読んで欲しい人

  • 毎日子どもに怒ってばかりの方
  • 育児疲れしている方
  • ほめる・しかるについて知りたい方
  • 旦那が育児非協力で困ってる方

\ 初回30日間無料読み放題/

目次

なぜ親は子どもに感情的に怒るの?

相談者

つい、カッとなって子どもに怒ってしまいます。
3歳の男の子の母親です。子どもが言うことを聞かないときに、カッとなって叱ってしまっていつも後悔しています。感情的に叱らない秘訣とかありますか?

基本的に子どもがしてることに対して叱る必要はないのです。

特に3歳までは叱っても意味がないのです。三つ子の魂百までという言葉の意味を知ってますか?

「三つ子の魂百まで」ということわざは、子供のしつけに関してよく見聞きすることが多いでしょう。「幼い頃に体得した性格や性質は、一生変わることがない」という、情操教育においても軸となる考え方のひとつです。

出典:https://biz.trans-suite.jp/9439

私も母親に「3歳までが大切な時期だから、保育園には預けなくて自分で育てなさい」と言われてました。

3歳までは叱ってもわからないし、本当に悪いことをしてる自覚はなく、ただ親の都合で叱ってるだけなのです。

私が叱ってしまう場面

  • 牛乳を溢してしまった
  • ご飯を食べてくれないとき
  • 早く着替えてくれないとき
  • すぐに寝てくれないとき
  • 車に中々乗らないとき
  • オモチャを片付けないとき
  • お店で手を繋がないとき

私は息子が3歳になるまでこのような理由で叱っては泣かせてました。

2歳、3歳って言葉が話せるようになり楽になるのかと思ったら自我も芽生えて、色々なことに興味が出てきてすごく大変な時期です。

私が叱ってしまう場面を箇条書きにしてみてわかるけど、子どもは悪い事はしてないのです。

私が忙しくて心に余裕がないときに、叱ってしまうことばかりで、息子は全然悪いことはしてなかった。

怒られて育てられた子どもは自己肯定感が低くなるのか?

子育てをしていると「自己肯定感」という言葉を目にしませんか?

自己肯定感とは、自己価値に関する感覚であり、自分が自分についてどう考え、どう感じているかによって決まる感覚です。

出典:https://self-esteem.or.jp/selfesteem/

自己肯定感が低い人は以下のような特徴がみられます。

  • 精神的不安定
  • 怒りやすくて、暴言吐きやすい
  • 物事を素直に受け取れない
  • 何事にも否定的になりやすい
  • 自分の人生を他者と比べがち

精神的不安定

自己肯定感が低い人は、周囲の人からの評価が気になり、常に良い人を演じてしまったり感情の起伏がすごく激しいです。

幼い頃に怒られて育てられたため周りからは良い人に見られたいと思ってしまう傾向にあります。

精神的不安定なので仕事で少し失敗したくらいで大きく落ち込んだりしてしまいます。

精神的不安定な人間にならないためにも、子どもには叱らずに「なぜこのようなことになってしまったのか」と優しく説明してあげましょう。

怒りやすくて、暴言を吐きやすくなる

私の旦那は、自己肯定感が低い人間です。

旦那は、義母に幼い頃に厳しく育てられたため些細なことで怒りやすくて、暴言を吐きやすいです。

やはり自分が1番正しいと思っているために周りの意見を受け入れることができずに、他者が正論をいったとしても、自分が否定されてると思って感情的になってしまいます。

物事を素直に受け取れない

私は旦那と会話していていつも思うことが、物事を素直に受け取れないということ。

自己肯定感が低い人は、自分が抱いた感情を素直に受け入れられないという面があります。感情を表現することが苦手で自分の本来の感情を否定します。

私の旦那は、強情で頑固な性格のため私がアドバイスをしてもそのアドバイスを受け入れてくれません。自分が1番正しいと思っているので他人の意見は聞こうともしません。

何事にも否定的になりやすい

自己肯定感が低いと何事にも否定的になりやすい傾向にあります。

子どもの頃に叱られてばかりで、あれは駄目!これは駄目!といって育てられたことで何でもない他人の一言が自分への悪口に聞こえて、暴言を吐いてしまう場合があります。

自分の人生を他者と比べがち

私の旦那は自分の人生を他者と比べがちです。

自己肯定感が低いので自分の人生に満足していないので、よく「◯◯さんの奥さんは年収◯◯万円で、家を建てて、犬もいて、、」とお金の幸福度をいつも私に言ってきます。

他人と比べたがる性格を本当にどうにかして欲しいです。

厳しく育てられた子どもは怒りやすい大人になるのか?

厳しく育てられた子どもは怒りやすい大人になりやすいと私は思います。

旦那は、子どもの頃に周りのお友達はゲームをみんな持っているのに、親が買ってくれないかったといつも言ってました。

  • みんなは持っているのに買ってくれない
  • ◯◯さんとは遊んだら駄目など親に制限される
  • 門限が厳しいので友達と遊べない

あれは駄目!これは駄目!といっていたら、自分は駄目な人間なのかと思ってしまいます。

何をするにも幼少期に親が決めていたので、完璧主義になりやすくて、間違ったことを指摘されたらすごく怒りやすいです。

私おすすめの育児本


こちらの育児本を読むことで、「子どもに◯◯しなさい!」「◯◯をしないで!」と言う言葉は、多くの場合は親の都合に合わないがために発せられてるということがわかります。

子どもに怒りそうになったら、深呼吸をして「大人の都合を押し付けてないか、誰のための要求なのか、今子どもにとっていま必要なことはなにか」と自分に問いかけることが必要と本に書いてて、本当にそうだなと思いました。

ゆずママ

私も大半は大人の都合のパターンが多いです。

\初回30日間無料体験する /

怒らないために私が気をつけてること

私が息子に怒らないために気をつけていることは、怒る前に「それは本当に悪いこと?怒る必要はあるの?」と自分に問いかけてます。

例:車に中々乗ってくれない息子

前は車に乗ってくれなくて、イライラして良く怒ってました。3歳になっても車には中々乗りません。

最近は怒らずに「なぜ乗りたくないのか?」と考えるようにしてます。

息子が乗りたくない理由は、外に出たから庭で走りたいとか思ってしまうのかなと考えるようにしてます。そしたら怒らずにイライラも治まってきます。

失敗して成長する

息子がお水を溢したり、おしっこを漏らしたり、お味噌汁を溢したりして怒るのも親の都合。

息子は全然悪くないのです。お水を溢したりすることもまだコップに慣れてなかったり、汁茶碗を上手く使えないから溢すのです。

だから怒る必要はないのです。

怒る前に「失敗は成功のもと」と思えばイライラも軽減されますよ。

何でも興味がある年頃

3歳はお手伝いがしたい年頃

  • 卵を割りたい→卵焼きを作りたい
  • 包丁を使ってみたい
  • ホットケーキを作りたい

こんな感じで何でもしてみたい時期です。

前なら息子が卵を上手く割れなかったら、怒ってしまったりしてました。でもよく考えたら、最初から上手く割れる人はいないと思うようになりました。そしたらイライラも軽減されました。

親が子どもに色々なことを経験させてあげることはすごく大切なことです。

子どもは常に親の表情を観察してるので、親が笑顔で生活してると自然におおらかな子供に育ちます。


まとめ

今回は、怒ってばかりの子どもは自己肯定感が低い大人になるのかについてお話しました。

私はやはり怒ってばかりだと自己肯定感が低い人間になってしまうと思います。

自己肯定感が低い大人にならないために

  • 子どもとのコミュニケーションの時間を増やすこと
  • 親の都合で怒ったりしないこと
  • 怒る前に深呼吸すること
  • 毎日笑顔で子どもと向き合うこと

子育ては、1つ悩みが解決したらまた悩みが生まれるという無限ループです。私もママ歴は3年なのでまだ新米です。色々調べて子どもと向き合っていきたいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ゆずママのアバター ゆずママ ゆずママ

ズボラ主婦のゆずママです!
無職になり収入が激減したことで
WordPressでブログデビュー。
家事、育児の合間にブログを更新してます。
ブログ運営・ダイエット・雑記ブログ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる