今ならレクレア、DUOなどの美容商品が激安 ゆずママinstagramをチェック→

【ピル服用歴あり】ピルのオンライン診療サービスを利用してみた

相談者

生理不順・避妊のために低量ピルを服用したいのですが、産婦人科に行かなくても処方してくれたりしますか?

このようなお悩みを解決します。

私は、今もですが生理不順で激しい時は生理予定日から2ヶ月も遅れたりします。

毎月生理予定日に来たことは今まで1度もないです。

私は、妊娠前に生理不順と避妊のために低量ピルを1年間くらい服用してました。

今回は、産婦人科に行かなくてもピルを処方してくれるオンライン診療サービスのご紹介と私が実際に服用してた時の事も一緒にお話します。

このような悩みはないですか?

  • オフラインで産婦人科に行くのは恥ずかしい
  • コロナの感染が怖くて病院には行きたくない方
  • 生理日をずらしたい方
  • 時間がなく病院に行けない方
  • 避妊に失敗した方(アフターピル)

ピルを処方してもらうには、産婦人科で内診をしてもらわないと行けません。

しかしピルのオンライン診療サービス『Anypill』なら病院に行かなくてもピルを処方してもらえます。

ゆずママ

ではオンライン診療サービス『Anypill』について分かりやすく解説していきます。私も実際に新規登録してみました。

⇒『Anypill』スマホで診察の申込みをする
目次

産婦人科でピルを処方してもらう場合

では私が産婦人科で低量ピルを処方してもらった時にどのくらい料金がかかったのかお話します。

初回は内診をするので料金高い

産婦人科でピルを処方してもらうためには、初回は内診をしないと悪いのでピル代だけではなく別途料金が加算されます。

私の産婦人科は内診が6000円前後するので、ピル代が2000円前後なので1万円お財布に入れてたら足ります。

『Anypill』なら内診などはないので、産婦人科に比べると最安値でピルを処方してもらえます。

恥ずかしい

子供を産んだ今ならピルを処方してもらうことは恥ずかしくないのですが、独身時代は抵抗がありました。

生理不順の場合は、産婦人科医にも『ピルを処方してください』と言えますが、以下の理由の場合は恥ずかしいです。

  • 避妊のため
  • 避妊に失敗した

アフターピルを処方してもらいたくて、すぐに産婦人科に行って処方してもらうことは難しいです。

望まない妊娠の場合にアフターピルを使う方もいると思います。

アフターピルは最短翌日着です。性行為後72時間と120時間を選択することができます。

毎月通院するのが面倒くさい

毎月通院するのが面倒くさいです。

私も低量ピルを1年間服用してたのですが、私が通院してた産婦人科はまとめて処方してくれなかったので結構ストレスでした。

ピルのオンライン診療サービスの場合、1度診療することで毎月自宅にピルを届けてくれます。

⇒『Anypill』スマホで診察の申込みをする

なぜピルを服用するのか?

▼ピルを服用する理由

  • 生理周期を安定させたい
  • イベントのため生理を遅らせたい
  • 生理前イライラしちゃう
  • 避妊のため

ピルは避妊のために服用する薬と私は思ってました。

しかし生理周期を安定したい方など婦人科系の悩みが理由で服用する方も沢山います。

ピルを飲むことで生理周期が安定して、私はピルを辞めた翌月に妊娠しました。

オンライン診療サービス『Anypill』とは?

オンライン診療サービス『Anypill』についてご紹介します。

最近オンラインでピルを処方してもらえるサービスがあることを知りました。

『Anypill』とは、AnyWhere(どこでも)医師の診察を経て、ピルを受け取ることができるサービスです。

診察を電話でした後は、ご自宅で薬の受け取りができます。

利用方法

  1. WEB上で問診に回答
  2. お医者さんから電話で診察を受ける
  3. 薬が1〜3日で自宅に届く

名前、Eメールアドレス、電話番号、生年月日、住所、決済方法(クレカ払い又は後払い)を入力してから問診になります。

問診は16項目あるので、正直に質問に答えていってください。

送信後にお医者さんから、電話がかかるので診察を受けてください。

私は現在妊活中とお話したら、ピルは処方はできないと言われたので、生理不順や避妊のためと診察の時に言ったら良いと思います。

料金設定

初回は別途2,000円(診察料)+送料がかかります。

処方期間は毎月送料385円でピルが郵送されます。

▼低・中量ピル料金表

処方価格
12ヶ月2,563円(税込)
6ヶ月2,893円(税込)
3ヶ月3,223円(税込)
1ヶ月3,223円(税込)

▼アフターピル(緊急避妊薬)

72時間まで有効9,900円(税込)
120時間まで有効13,200円(税込)

※2ヶ月目は18日後、3ヶ月目以降は28日ごとにピルが届きます。

※決済方法で後払いを選択された場合は決済手数料として税込200円がかかります。

※料金表の価格は、毎月のお薬代となります。

※アフターピルは送料が税込370円となります。

⇒『Anypill』スマホで診察の申込みをする

オンライン診療サービス『Anypill』は無料で問診を受けれる

オンライン診療サービス『Anypill』は、登録は無料です。

月額料金などは発生せず、ピル代だけ料金が発生します。

医師との電話での診察も無料で受けることができます。まずは、WEBの問診に答えて、ピルを購入するかを検討しても良いと思います。

オンライン診療サービス『Anypill』のまとめ

今回は、産婦人科に行かなくてもピルを処方してもらえるオンライン診療サービス『Anypill』についてご紹介しました。

コロナ禍で望まない妊娠が増えてるみたいです。

低・中量ピルやアフターピルは、産婦人科でしか処方してくれないイメージです。

オンラインでも処方してくれるんだと知って欲しくて執筆しました。

妊娠を希望しない場合は、低量ピルを服用することで自分の身体を守ることも大切です。

避妊に失敗した場合は、アフターピルも処方してくれます。

産婦人科は高くて通院できなくて、妊娠してしまい、自分では育てることができない方もいます。

そのような方が少しでも減ってくれたら良いなと思います。

⇒『Anypill』スマホで診察の申込みをする
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ゆずママのアバター ゆずママ ゆずママ

ズボラ主婦のゆずママです!
無職になり収入が激減したことで
WordPressでブログデビュー。
家事、育児の合間にブログを更新してます。
ブログ運営・ダイエット・雑記ブログ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる