私おすすめのダイエット商品 こちら

【実体験】産後におしりトラブル「痔」の手術は日帰り入院も可能!

こんばんは~!ズボラ主婦ゆずママです。

女性ってお尻のトラブルで悩まされてる人って多くないですか??

私は20代前半から「痔」に悩まされてました。

今回は、産後6ヶ月でもう我慢できなくなり「痔」の手術をした時のお話をしたいと思います。

もう手術から3年経過していて現在のおしり事情もお話します。

ゆずママ

こういう話って友人に聞いたりするのは、恥ずかしくて私もめっちゃ検索していたので、「痔」で悩んでる方のお役に立てたら嬉しいです。

目次

発症から肛門科に行くまでの経緯

私は、20代前半から切れ痔には悩まされてました。

トイレに行くとティッシュに血がつく感じで、まあ切れ痔くらい気にする事ではないと思ってました。

切れ痔を舐めてたら私みたいに「内痔核(いぼ痔)」になってしまうので早めに病院に行くことをオススメします。

私が内痔核を発症したのが2016年6月。

急にお尻から小指より小さい物体が「こんにちわ」してて座っていたらすごく痛くて、とりあえずドラッグストアで「ボラギノール」を購入して注入してみたが効果なしでした。

多分私は手術をしないといけない状態まで悪化していたので市販薬を使用しても効果がなかったのかと思います。

ゆずママ

どんどん悪化して排便時、長時間座っていると飛び出てきます。飛び出ているときに椅子に座っておくことはすごく苦痛です。

私はこの時期外勤が多くしかも結構の長距離でお尻に負担がきてたみたいです。

ドラッグストアで購入した薬は聞かないので母親に相談してみました。

母のかかりつけの肛門科に受診することを決意しました。もう恥ずかしいとか言ってられないと思いました。

切れ痔の方にはすごくオススメです。

初診からの妊娠発覚

地元で有名な肛門外科を受診しました。触診では、診察台に乗り四つん這いになり触診するので恥ずかしいけどお尻が痛い方が辛いのでそんなこと言ってられません。触診をしてもらい先生に「あなたは、内痔核てやつでこれ辛いでしょ?とりあえず肛門に注入する軟膏と痛み止め出してみるので、また2週間後診察してみよう」と言われました。

私はすぐに手術と言われるのかなと思っていたのですが、先生は薬で治るなら手術する必要はないという感じだったのでとりあえず2週間朝夜に軟膏を塗り、薬も飲んでました。

2週間後軟膏を塗って、薬も飲みましたが改善しなかったので、「先生に手術をするか?」と言われましたが私は怖くてとりあえず薬を2週間分またもらい帰宅しました。

先生は便秘になっていたり、便が細くなったり、血便の場合は、手術した方が良いという感じでしたが、、、

ゆずママ

私は、お尻から変な物体が出ていても毎朝快便だったので、まあまた気になるようであれば受診してと言われました。

年が明け2017年3月妊娠発覚。

妊娠したことで子宮が大きくなり腸を圧迫して「内痔核」の症状が悪化しました。

どんな症状だったのか?

  • お尻からの物体が常に出ていて指で戻さないと戻らない。
  • 物体が小指くらいの大きさになっている
  • 排便時に大出血
  • 排便後指で戻すために毎回お尻をシャワーで洗わないと戻せない

排便後に毎回お尻をシャワーで洗って指で戻す作業が凄くストレスで早く手術したいと思うようになりました。

2017年6月に肛門外科を再診することになる。「内痔核」を発症してちょうど1年経過していました。仕事も忙しくて定期的に診察に行くこともなく完全に放置中断していました。

肛門外科で妊娠したことで「内痔核」の症状が悪化したことを伝えたら、先生に「妊娠する前なら手術はできたけど妊娠中は胎児に何かあったら悪いので手術はできない」と言われました。

ゆずママ

妊娠前に手術すればよかったとすごく後悔しました。妊娠後期になるともっと子宮が大きくなることで腸も圧迫されるので本当に辛かったです。

痔で悩んでる女性は、切れ痔なら軟膏や飲み薬で治癒するので恥ずかしいとか思わないで、受診することをお勧めします。

ゆずママ

先生と話して産後に手術をすることを決めました。妊娠中は、飲み薬は飲めないので毎日軟膏を注入して症状を抑えてました。

産後3ヶ月で手術をした時の感想

産後3ヶ月で私はもう我慢できなくなり、先生に「もうこの邪魔な物体を切ってください」と言いました。

「痔」の手術方法には、ジオン注射療法、切除術の2種類があることは知っていたのですが、その2つではなく、私の場合は「ゴム輪結さつ術」というやり方でお尻のイボを除去しました。

「ゴム輪結さつ術」とは?

  • 膨らんだイボ痔の根元をゴムで縛る事によりイボ痔を縮小させる方法になります。
  • 日帰り手術ができ局所麻酔も不要なので体の負担もなくおススメです。
  • 根元をぎゅっと縛って痔核への血流を止めることで、1~2週間くらいで痔核が壊死して排便時などに脱落してくれます。

「ゴム輪結さつ術」は、あまり大きい痔核や、硬い痔核にはゴムで縛れないためこのやり方では困難なのでその場合は、ジオン注射や切除術のどちらかでイボを治療していきます。

ネットで調べたら局所麻酔をしないと書いてましたが、私が受診した肛門科はイボの周辺に注射をしました。局所麻酔ではなかったと思いますが、あの注射が凄く痛かったです。

ゆずママ

イボの周辺に注射をされ貧血気味になり倒れてしまいました。もう一生痔になりたくないと思いました。

私は、「ゴム輪結さつ術」だったので日帰りで帰宅することができました。

手術の感想は、手術時間は10分位で終わりました。注射が痛かったのと輪ゴムで縛ってるので座ったらお尻が痛かったです。私は母親に付き添ってもらったので帰りは母親が運転をしてくれたので良かったのですが、付き添いなしで自分で10分以上運転して帰ることは厳しいなと思いました。

ゆずママ

痔の手術当日の日は、1人では受診せず付き添い1人連れていきましょう。

ゴム輪結さつ術の手術費用/術後の経過

私が手術した肛門科は、もちろん保険診療の3割負担になるので5000円くらい支払いました。それプラス痛み止めをもらいました。病院によって多少金額は変わると思いますが基本4500~6000円と思っていたら良いと思います。

ゆずママ

5000円で私の痔に対してのストレスがなくなるのであれば、安いと思いました。

手術後にお尻に大きいガーゼを張られるのでお風呂に入るときに取って、特に消毒などはせずに痛み止めを飲んで1週間後にお尻の状態を触診してもらいました。

綺麗に痔核が取れててまた切れ痔で悩んだときに受診してと言われ、これでやっと痔に対してのストレスはなくなりました。

人によっては、手術前日に血液検査をしたり、手術前日の21時以降は食事をしないでと言われるみたいですが、私はそのようなことはなかったです。

最後に

今回は、女性に多い「痔」について私の実体験も含めお話しました。

私も最初は、「切れ痔」から始まり「内痔核(イボ痔)」という手術しないといけないくらい悪化したので、痔を舐めていたら大変なことになるので早めの受診をおすすめします。

手術費用も保険診療の3割負担で5000円あれば手術できるのでずっと悩むくらいなら切除した方がすごく楽です。

「痔」にならないために日頃から気をつける!

  • 排便後に肛門を拭きすぎない
  • ウォッシュレットを使用する
  • バランスの良い食生活
  • 1日野菜を350g摂取する

\おいしく野菜をチャージ /

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ゆずママのアバター ゆずママ ゆずママ

ズボラ主婦のゆずママです!
無職になり収入が激減したことで
WordPressでブログデビュー。
家事、育児の合間にブログを更新してます。
ブログ運営・ダイエット・雑記ブログ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる